home > 男性器と勃起に関する基礎知識 > ED治療 体験者の声

ED治療 体験者の声

40代以上の男性の3人に1人はEDとも言われ、EDは日本人の隠れた国民病として大きな問題となっています。
しかし、積極的に病院に行き治療を受ける人の割合はというと、患者の4.8%程度という低い数値となっています。誰しも、恥ずかしさなどの理由からなかなか治療院には足を運びにくいようです。

では、すでに治療を受けている人はどのような感想を持っているのでしょうか。

◆治療のきっかけは?

浜松第一クリニックでは、ED治療のために通院した経験のある男性249名を対象に、ED治療に関する調査を行っています(参考:https://www.hama1-cl.jp/internet_research/int_enq_ed249.html)

この結果を見ると、治療のきっかけとして最も多かったのは、「自信の回復のため」で、約47%という数値になっています。
EDは、男性にとって自分自身の価値を奪われたかのようなショッキングな出来事となる可能性があり、これをきっかけに生活のすべてが消極的になり、家にこもりがちになる人も少なくありません。
このような状況から一刻も早く抜け出し、再び強い自分を取り戻したいという望みを持つ人は非常に多いのではないでしょうか。

次いで「恋人との関係のため」「子作り」と続きます。

そして、治療の結果には8割が満足していて、自信を回復できた、恋人との関係が良好になった、などの感想が多く寄せられています。
なかには、「恋人ができた」「営業成績が上がった」「昇進した」という人もいるのだそうで、自信回復の効果は生活全般に及ぶことが窺えます。

◆みんな初めは怖かった

治療前は、ほとんどの人がネガティブなイメージを持っていたようです。
最も多い意見は、「病院に行って、医師に相談するのが恥ずかしい」というもの、次いで「どんな治療をするのか分からないので怖い」という意見です。また、「病院には女性の看護師がいるから、恥ずかしくて行けない」という声も多いようです。

たとえば浜松第一クリニックの例では、医師の問診は平均5分、性器を見せるようなことは一切なく、院内処方ですぐにED治療薬が手に入るシステムとなっているそうで、あっけないほど簡単だった、という声もあるのだそうです。
さらにスタッフは、全員を男性で揃えるといった心配りがなされているようで、多くの治療経験者が「事前に心配しすぎていた」「早く行けば良かった」と感想を述べているそうです。

◆誰かに勧めたい!

EDの治療は、思いのほか簡単で、しかも治療薬の効果は非常に高いため、治療の満足度も高くなっています。
再診率も高いのですが、さらには「EDに悩んでいる友人にもぜひ勧めたい」という声も多く寄せられています。

特にEDの症状は、恥ずかしくて誰にも相談できない、自分自身の評価を下げるようで誰にも言えない、など、孤独な悩みとなりがちです。
友人や同僚など、気を遣わない仲間内であってさえ、EDについて相談することは難しいと多くの人は考えています。

そのため、誰にもバレないようにと個人輸入代行サイトからバイアグラやその他のED治療薬を手に入れようとする人も多いのですが、ネット経由で購入するこれらの薬は偽薬である可能性も高く、お勧めできません。

思い切って男性専門治療院などを訪れ、薬を処方してもらった方がはるかに良い結果が得られるのではないでしょうか。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.