home > ○○とバイアグラの併用は? > バイアグラとAGA治療薬について

バイアグラとAGA治療薬について

男性の大きな悩みとなっているのがEDです。ただ、それ以外にも大きな悩みを抱えている男性は少なくありません。それが薄毛です。早い人で20代のうちから薄毛が進行する方もいます。さまざまな育毛剤が売られていますが、一向に薄毛で悩む方は少なくなりません。
とはいっても、今はいろいろな薬が開発され、男性型脱毛症(AGA)に高い効果を発揮する飲み薬や育毛剤も開発されています。すでにこれらの薬を飲んだり塗布したりして薄毛対策をしている方もたくさんいます。
では、このAGA治療薬を飲んでいる場合に、同時にバイアグラを飲んでも構わないのでしょうか。

◆プロペシアを飲んでEDになることもある

"薄毛とED"どちらも男性の大きな悩みという点では共通していますが、それぞれを見れば全くの別物というイメージがあります。おそらく、悩み始めるのは薄毛が早く、それから徐々にEDで悩む方が増えてくるのが一般的でしょう。そのため、たいていはまず飲み薬プロペシアでAGA対策をする方も少なくありません。
プロペシアは、皮膚科学会でもAGA治療に強く推奨されているものであり、実際に高い効果が期待できます。ただ、これも薬である以上副作用があります。その副作用のひとつに性欲減退があるのです。すべての人がそうなるわけではありませんが、勃起しにくくなる、つまりプロペシアを飲むことでEDになる可能性もあるというわけです。そのため、薄毛で悩んでEDでも悩むということになりかねません。
どちらの悩みも男性にとって重大ですから、どちらも諦めたくないでしょう。プロペシアとバイアグラは併用できるのかという話ですが、結論から言えば問題ありません。プロペシアは薄毛の原因である5‐αリダクターゼという酵素の働きを抑えることでAGAを防ぎます。バイアグラは血流を回復することで勃起不全を解消するものです。つまり効果がまるで違うため併用しても問題ないのです。

◆ミノキシジルは同じ血流回復効果があるが…

AGA対策としてプロペシアと並んで高い効果が期待できるのがミノキシジルです。テレビCMでも有名な育毛剤"リアップ"の主成分です。ミノキシジルは血管を拡張させて血流を回復させ、毛母細胞に栄養を行きわたらせることで薄毛を解消させるというものです。つまりバイアグラと同じような作用があるのです。それもそのはず、ミノキシジルもバイアグラも元々は血圧を下げるための薬だったのですから。
ではミノキシジルとバイアグラの併用はどうなのか、というと、こちらの組み合わせはやはり危険性があります。どちらも血圧を下げる働きがあるため、併用することで血圧が下がり過ぎてしまうおそれがあります。ただ、危険といわれるのはミノキシジルタブレットであり、リアップのような頭皮に塗布するタイプのミノキシジルであればそんなに心配する必要はないでしょう。
プロペシアもミノキシジル(塗布するタイプ)もバイアグラとの併用は可能ですが、三者三様に副作用の心配はあります。併用により副作用が強く出る心配は少ないですが、それでもそれぞれの副作用が出ることはもちろんあります。また、100%安全というものではありませんし、AGA治療薬には性欲減退という副作用があります。バイアグラは性欲がないと効果が発揮されませんので、心配な方はバイアグラを飲む時にはAGA治療薬の使用は控えてもいいでしょう。AGA治療薬は本来なら毎日使用しないといけませんが、1日使用しなかったからといって急激に薄毛が進行することはありません。身体のためにもその方がいいかもしれませんね。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.