home > リスクを高める生活習慣 > ED予防にはストレス対策

ED予防にはストレス対策がいちばん

EDの原因でもっとも多いのは、ストレスです。事実、自分がEDになった原因はストレスとあげた男性患者は40パーセント以上にものぼりました。このように現代日本にあふれているストレスは、多くの男性を悩ませる原因となっているようです。

どうすればストレスをなくせるか

では、EDの原因となっているストレスをどうすれば取り除けるのか。実際のところ今の社会ではストレスをゼロにする、ということは難しいでしょう。仕事も順風満帆、家庭も円満、将来への不安もゼロ、というような人たちにも何からのストレスがあるものです。いくら仕事が順調といっても、小さなトラブルはたくさんあるでしょうし、夫婦げんかをすることもあるでしょう。そういった小さなストレスの積み重ねが、EDを招いてしまうこともあるのです。

ですがこうしたストレスを甘んじて受けているだけでは、何事もうまくいきません。日頃の生活スタイルを少し変え、積極的にストレスを解消する努力が必要です。

まずはどんなことであっても、ひとりで抱え込まずに吐き出すようにしましょう。相手は夫や妻でもいいですし、気の置けない友人がいればそれでもかまいません。上司や同僚でもいいでしょう。とにかく嫌なこと、抱えていることはできるだけ早く誰かに話してしまうことです。ただここで大事なのが、話す相手は必ず信用できる人を選ぶこと。うっかり口の軽い相手に話してしまったりするとよからぬ噂をたてられたり、あることないこと面白おかしくバラされてしまったりと更なるストレスとなりかねません。「ココだけの話」がわかる、誠実な人を選ぶことをおすすめします。

また話すだけでなく旅行や遠出をするなど、環境を変えてみるのもおすすめ。ちょっと高級な店で外食してみたり、思いっきり買い物をしたりでもいいですね。とにかく自分が楽しい、と思えることをしましょう。逆に楽しいと思えることがない、あったとしてもやる気がでないという場合は精神的にかなりひっ迫している証拠です。いちばんの原因であるものから少し距離を置き、心も体もしっかり休めるようにしましょう。

食事でストレスに負けない体を作る

ED予防のためには、ストレス解消にいそしむだけでなく、ストレスへの耐性をつけることもおすすめ。まずは手軽に、ストレスに強い体を作ってくれる栄養素を積極的に取り入れることから始めましょう。

一般的にストレス予防、解消に効果的といわれている栄養素はたんぱく質やビタミンC、ビタミンB群、カルシウムです。とくにビタミンCは喫煙や紫外線をあびるといったちょっとしたことで破壊されてしまいますので、身近ながら意外と不足しやすい栄養素。飲み物や果物など、色々なものに含まれていますので積極的にとるようにしましょう。さらにビタミンCには、精子の生産を促してくれるといわれている亜鉛の吸収を高めてくれる作用もあるそうです。EDやED気味、性欲が落ちてきたという人には亜鉛同様欠かせない栄養素といえるでしょう。

そのため日頃から、野菜や果物などを豊富に使った食事を心がけるようにしてください。とくに外食が多い人の場合は炭水化物や糖質、脂質の割合が多くなってしまいビタミン類が不足しがちです。チャーハン、ラーメンなど一品だけの食事は避け、サラダを追加するなどちょっとした工夫をするようにしてください。

現代社会とストレスは切っても切れない関係で、もはや空気と同じような存在といっても過言ではないでしょう。そのため、そんな社会で生きていくためにはストレスに負けない体作りや、積極的なストレス解消がとても重要になってきます。仕事が忙しくなかなか気晴らしができない、という人はぜひ食事からでもストレス対策を行ってみてください。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.