home > バイアグラで腹上死した人がいるって本当? > バイアグラを使用できない人とは?

バイアグラを使用できない人とは?

バイアグラは、人によっては使用できない場合もあります。それを判断するためにも必ず病院やクリニックで問診を受け、医師の処方せんをもらって購入することが大切です。
参考⇒バイアグラを処方できない人【浜松町第一クリニック】

硝酸薬との併用は厳禁!

特に禁忌とされているのが、狭心症の治療でニトログリセリンなどの硝酸薬を使用している人です。内服薬のほか、舌下錠や注射薬、貼り薬など色々なタイプがありますが、いずれもバイアグラとの併用は厳禁とされています。

硝酸薬は、心臓周辺の血管を広げて血液の流れを良くする薬です。一方バイアグラも、全身の血流を良くして陰茎海綿体に血液が流れ込むようにする薬ですので、併用すると効果が増強されてしまいます。

バイアグラはもともと、狭心症の治療薬として開発されたほどです。誤って併用してしまうと、急激に血圧が低下して命に関わります。

また硝酸薬を使用していなくても、心臓の弱い人はバイアグラを使用できないことがあります。薬以前に性行為そのものが心臓に負担をかけるため、望ましくないと判断される場合があるのです。

特に、半年以内に心筋梗塞を起こした人はリスクが高まります。

他にも重度の低血圧や高血圧、半年以内に脳梗塞や脳出血があった人や、重度の肝障害や腎障害がある人、そして「網膜色素変性症」という目の病気にかかっている人もバイアグラが使用できないケースがあります。

必ず医師に、持病や服用している薬を説明した上で処方を受けるようにしましょう。できれば薬局でもらえる「おくすり手帳」を普段から活用し、それを持参するのがもっとも確実です。

突然の心臓発作が起きたら、バイアグラについて説明を

バイアグラと硝酸薬の相性が悪いのは上記の通りですが、普段は使用していなくても気をつけるべきことがあります。それは万が一、性行為中に心臓発作が起きた場合の対処法です。
参考⇒バイアグラ錠を適正にご使用いただくために【ファイザー株式会社提供小冊子より】

ある程度の年齢になれば、誰であっても性行為による運動が負担となって、心臓発作を起こす可能性があります。その時、応急処置として使われることが多いのが硝酸薬なのです。

もしもバイアグラを服用していることを知らせる人がいなければ、結果的に併用することになり、ますます命の危険につながります。

このような状況を防ぐためにも、できればパートナーの女性にはバイアグラの使用について説明しておいたほうが安全です。そうすれば救急隊員に事情を説明することができます。

ちなみにバイアグラを服用してから24時間までは、硝酸薬の投与を避けるべきとされています。

そういった意味でも、心臓の弱い方はなるべく慣れ親しんだパートナーと関係を持つことが理想的といえそうです。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.