home > バイアグラって本当に安全? > クリニックの正しい選び方

その海外製ジェネリックは本当に安全? ED治療薬を処方するクリニックの正しい選び方

現在、バイアグラなどのED治療薬を処方する医院・クリニックは日本全国に数多く存在します。ほとんどのところでは正規ルートで取得したED治療薬を処方しており、事前の問診などを含めて安全性にはまったく問題がありません。

しかし、中には入手方法に疑問が残る医院・クリニックも存在しているのだとか。今回は、日本国内で密かに処方され続けている、違法性の高いジェネリック版ED治療薬についてスポットをあてていきます。

国内正規品バイアグラジェネリックのリスト

はじめに、2016年現在、厚生省で許可を受けているジェネリック版ED治療薬についてまとめていきましょう。以下がそのリストです。

・シルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」(東和薬品)
・シルデナフィル錠 50mg VI「キッセイ」(キッセイ薬品)
・シルデナフィル錠 50mg VI「テバ」(テバ製薬)
・シルデナフィル錠 50mg VI「YD」(陽進堂)
・シルデナフィル錠 50mg VI「FCI」(富士化学工業)
・シルデナフィル錠 50mg VI「TCK」(辰巳化学)
・シルデナフィル錠 50mg VI「あすか」(あすか製薬)
・シルデナフィル錠 50mg VI「DK」(大興製薬株式会)
・シルデナフィル錠 50mg VI「DK」(大興製薬株式会社)
・シルデナフィル錠 50mg VI「SN」(シオノケミカル株式会社)

この10種類については、安全性が国内でしっかりとチェックされているため、使用に対して心配はありません(もちろん、処方については医師の診断を受けてからに限ります)。逆に言えば、上記のリストにない医薬品については、基本的にすべて非認可であると考えていただいて間違いありません。

非正規品バイアグラジェネリックの安全性は?

バイアグラのジェネリック医薬品を処方してもらおうと思った場合は、前項でご紹介している製品名をチェックするのが賢明です。メンズヘルスクリニックでは通常、処方する薬品の製品名を公表していますので、こちらを確認するようにしましょう。

しかし、クリニックの中には「これは海外ですでに使われているジェネリック医薬品だから、安全性については問題ないですよ」と、リストにない製品を処方するところがあります。しかし、海外製ジェネリックには数多くの偽物が流通している可能性も高く、医療事故が起こっていないからと言っても"確実"ということは言い切れないでしょう。

そもそも、海外の医療品を輸入して使用する場合には、治療上の緊急性が高く、代替の治療薬が日本で流通されていないこと。そして、医師等が自己責任の下で使用することが条件となり、厚生省の薬監証明ができるようになります。しかし、EDはその特性上、緊急性は認められませんし、代替の医療品としてはバイアグラやレビトラ、シアリス、そして前項でもご紹介しているジェネリック製品が存在します。そのため、本来は厚生省の薬監証明は取得できないはずです。

にもかかわらず、海外ジェネリックを処方するクリニックが存在するのは、この申請と許可が手続きのみで完了してしまう簡潔なものだからです。国内流通しているED治療薬は長い時間と費用がかかり、はじめて処方ができるようになりました。一方、海外製ジェネリックがこんなに簡単に輸入できているという事実……。このふたつを見比べれば、どちらが安全かおのずと答えが出るでしょう。

このED治療薬の薬監証明取得について詳しく説明がされているコラムを発見したのでこちらが非常に参考になるかと思います。
https://www.hama1-cl.jp/column/ed-topic13-4.html

クリニック選びの際に活用したいサイト3つ

しかし、消費者の目線で見るとどのクリニックが正規ルートで薬を入手しているのか? といったことは分かりにくいもの。「家や職場から近いから」「単価が安いから」といった安易な気持ちで、クリニック選びをしてしまった方もいらっしゃるでしょう。

すでに通院をされている方も、これから検討されている方も、ぜひ一度以下のサイトへアクセスしてみてください。

・EDを相談・診察できる病院検索|EDケアサポート|日本新薬
http://www.ed-care-support.jp/search/

・ファイザーのED治療病院検索サイト
http://www.ed-info.net/search/

・EDの相談ができる病院検索|EDネットクリニック|バイエル薬品
http://ed-netclinic.com/hosp/

この3サイトでは、ED治療薬であるバイアグラ、シアリス、レビトラの正規品を扱っている医院の検索ができるようになっています。もしも現在通院しているクリニックがこのサイトで出てこない場合は、非正規品のバイアグラジェネリックを処方している疑いがあります。そのため、利用を控えるのが賢明でしょう。そして、これから通院をしようと思っている方は、ぜひ上記のサイトを活用してみてください。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.