home > バイアグラで腹上死した人がいるって本当? > バイアグラで腹上死した人がいるって本当?

バイアグラで腹上死した人がいるって本当?

バイアグラと聞くと、「腹上死」というキーワードを連想する人が多いようです。確かにその昔、バイアグラを服用した男性が性行為の直後に心停止を起こすという事故が数件起きました。しかしそれは、 日本で未承認だったころの話なのです。

個人輸入による不正使用が問題だった!

アメリカでバイアグラが発売されたのは、1998年。男性の勃起機能を高める薬として世界中から注目され、海外からも個人輸入で買い求める人が後を絶ちませんでした。その中には、もちろん日本人男性もいました。

しかしバイアグラは、アメリカでは最初から処方薬の扱いです。持病によっては服用できない人もいるため、必ず医師の問診を受ける必要があります。中でも危険なのは、 狭心症などで硝酸薬(ニトログリセリンなど)を使用している人がバイアグラを併用してしまうことです。

もともとバイアグラは狭心症の治療薬として開発された経緯がありますから、一緒に使用することで効果が増強されすぎてしまい、急激な血圧低下が起こり得るのです。

その懸念通り、日本でも死亡事故が数件起きてしまいました。それはやはり硝酸薬を使用していた人(おもに高齢者)ばかりでした。この事態を受けて日本としては異例の速さで、 翌年の1999年1月にはバイアグラを正式に承認することとなったのです。

通常なら安全性を確認する試験などが長い期間をかけておこなわれるのですが、そうも言っていられないほど深刻な事態だったことがうかがえます。

性行為自体が心臓に負担をかける!?

つまりバイアグラで腹上死が起こったのは、正しい知識がまだ広まっていなかった初期のことです。その後、医療用医薬品として認可されてからは、重篤な副作用被害はほとんど報告されていません。

また性行為中もしくは直後の突然死については、もともとバイアグラの使用に関わらず、心疾患を抱えている人なら誰にでも起こり得るものです。それほど、性行為そのものが心臓に思う以上の負担をかけます。

特にいつもとは違うパートナーとを相手にするなど、興奮が高まりやすいシチュエーションではさらに心臓への負担が大きくなることが分かっています。ですからバイアグラを使おうと使わなかろうと、 心疾患のある人はできるだけ穏やかな性行為を心がけたほうがいいでしょう。また多量の飲酒後もリスクが増します。

このような経緯からも分かるように、バイアグラを独断で個人輸入することは危険です。必ず医師の問診を受けてから正規に購入するようにしましょう。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.