home > バイアグラ以外のED治療薬 > 食事の影響を受けにくい「レビトラ」

食事の影響を受けにくい「レビトラ」

バイアグラの次に登場したED治療薬が、レビトラです。食事の影響を受けやすいというバイアグラのデメリットを改善した薬で、食後にも飲める点が特徴です。 ただし十分な効果を得るためには、食事の内容に気をつける必要があるとされています。

レビトラってどんな薬?

レビトラは、ドイツの「バイエル薬品」が製造・発売するED治療薬です。バイアグラの誕生から5年後の2003年に発売され、日本では2004年に承認されています。 バイアグラと同じ錠剤タイプで、用量は5mg、10mg、そして20mgの3つがあります。他のED治療薬と比べると薬のサイズが小さめで、飲みやすいのがメリットです。

作用機序はバイアグラと同じく、「PDE5」という酵素のはたらきを抑えることで血流を改善します。ですからレビトラも「PDE5阻害薬」の1つです。 ただし有効成分が異なっており、バイアグラはシルデナフィルですが、レビトラではバルデナフィルが使われています。

バイアグラは食事の影響を受けやすいため、食後は避けて飲むように指示されています。レビトラではこの点を改善し、食後にも飲めるよう作られていますが、「食事の総エネルギー量のうち、脂肪の割合が30パーセントまで」と補足されています。 つまり脂肪分の多い食事をとった場合は、薬の効果が弱まる可能性があるということです。

そのため、あっさりしたメニューを心がける必要があります。またできるなら空腹時に飲んだほうが効果を得られやすいのはバイアグラと同じです。

効果の持続時間がやや長め

他にバイアグラとの違いとしては、効果の持続時間がやや長いことが挙げられます。一般的に、10mgでおよそ5~6時間、20mgで8~10時間ほど効果が続くとされています。 5mgもありますが、用量が小さすぎて十分な効果が見られないケースが多いため、多くは10mgか20mgの処方を受けることになるでしょう。

また性行為の1時間前に服用するのはバイアグラと同じですが、バイアグラよりも若干効いてくるのが早いともいわれています。もちろん食後よりは空腹時のほうが効き始めるのは早くなります。

副作用や注意事項については、バイアグラとほぼ同じです。狭心症の治療などで硝酸薬を使用している人は併用が禁忌ですし、のぼせやほてりといった副作用があるのも一緒です。

ED治療薬は人によって相性もありますので、バイアグラで十分な効果が得られなかった場合にはレビトラを使ってみるのも1つの方法です。医師に相談すれば処方してもらえるはずですので、色々と試して自分に合った薬を探してみましょう。

参考URL:
お薬について|EDネットクリニック
三大ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスを調査!

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.