home > バイアグラの基礎知識 > 糖尿病でもバイアグラは効くの?

糖尿病でもバイアグラは効くの?

EDは生活習慣病の初期症状と言われるほど、生活習慣病とは密接な関連がありますが、なかでも糖尿病との関連は深く、一説によると糖尿病患者の8割がEDを併発しているとも言われています。

ではなぜ、糖尿病とEDは併発しやすいのでしょうか。

糖尿病による身体への影響

糖尿病は、体内の血糖値のコントロールができにくくなるため、高血糖となり血管に高い負担をかけ、動脈の硬化を引き起こします。また、神経系にも負担をかけ、さまざまな不調をもたらします。

勃起の正体は大量の血液ですので、血流を滞らせる動脈硬化はEDの大きな原因となるのです。特に海綿体の動脈は細いため、動脈硬化の影響が初期から起きやすくなっているのです。

また、神経回路も高血糖によってさまざまな乱れを起こしますが、脳で感じた興奮が性器にうまく伝わらず、勃起に結びつかないといった障害が現れやすくなるのです。

これらのことから、糖尿病になるとEDとなりやすくなると考えられているのです。

また、このような直接的な原因のほかにも、糖尿病薬の影響によってEDとなるケースや、糖尿病によって生じた抑うつ状態のために心因性EDとなるなど、さまざまな原因が複合するため、糖尿病とEDの併発の可能性は高くなります。

糖尿病でもバイアグラは効くのか?

実際に、EDの治療で病院を訪れる人の中には糖尿病を患っている人も多く見られるようです。

バイアグラを初めとするEDの治療薬は、糖尿病であっても大きな改善が見られる場合が高いのだそうです。

糖尿病だからと諦めず、まずは治療院で相談すると良いでしょう。

ただし、幾ら治療薬の効果が高くても、糖尿病そのものの症状を改善していかなければ根本的な問題は解決しません。EDの治療薬はあくまでも一時しのぎでしかないので、糖尿病の治療に前向きに取り組むことが大切です。

EDは、ほかの重篤な合併症の前触れとなって起きるものです。動脈硬化は進行すれば狭心症や心筋梗塞など、命に関わる重大な症状にまで発展します。

また、失明する原因として最も大きいのも糖尿病です。こちらも、自覚症状がほとんどないままに進行していき、気づいたときにはすでに手遅れとなるケースが非常に多くなっています。

生活習慣を見直す

糖尿病の改善には、長期にわたる食生活改善と運動習慣が大切です。一度発症すれば、一生のお付き合いとなる場合も少なくないのです。

しかし、上手に糖尿病と共存し、生活習慣を整えることで、ほかのさまざまな生活習慣病も遠ざけ、一病息災として元気に生活することは十分可能です。

まずは医師の指示に従い、きちんとカロリーコントロールを行い、適度な運動習慣を身につけることが大切です。

運動は、体脂肪減少やダイエットだけでなく、糖尿病の改善に直接に作用する嬉しい効果も期待できます。

長期にわたり継続的に運動をすることで、インスリン感受性が改善し、細胞へのブドウ糖の取り込みが促進されることで血糖を改善する効果を得られるのです。

また、自分のペースで適度な運動をすることは、ストレスの発散効果も期待できます。
ただし、無理をしすぎれば逆にストレスとなりますし、継続が大切だからといって1日の休みも許さないほどに自分を追い込むと、逆に運動そのものがストレスとなる可能性もあります。

自分自身が楽しい、また明日もやりたいと思う程度の運動を心がけるとよいでしょう。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.