home > バイアグラの基礎知識 > バイアグラはどこで購入すればいいの?

バイアグラが効かなかった場合は?

バイアグラは血流を良くして、勃起機能を高めるために優れた効果を発揮する薬です。しかし誤った使い方をすると効き目は落ちますし、もともとの体質によっては思うような効果が得られない場合もあります。 正しく使用しても解決しない場合は、医師に相談して他の薬に変えるなどの対策をとりましょう。

バイアグラが効かない理由とは?

バイアグラを使っても、思ったより効果がなかったと感じる人も確かにいます。日本でもアメリカでも、ED症状を抱える男性の約7割に効果が見られたという報告がありますので、単純に3割の人には十分な効果がなかったと考えられます。

まず考えられるのは、血管そのものに大きな障害があるケースです。勃起は陰茎動脈が拡張し、大量の血液が海綿体に流れ込むことで起こりますから、例えば動脈硬化などで血管が詰まっているような場合は思うような効果が得られません。

同じく、性的刺激を伝えるための神経系に障害がある人も、バイアグラが効かない可能性があります。バイアグラはあくまで十分な性的刺激があった時のみ働く薬ですので、神経が断絶されている場合は効果が期待できません。

また使用方法によっても、効き目に差は出てきます。例えば食後すぐに飲んだり、多量のアルコールと一緒に飲んだりすると、バイアグラは十分な効き目を発揮できません。なるべく胃に食べ物が残っていない状態で服用するようにしましょう。

食後に飲むならなるべく脂っこいものを避け、腹八分目に抑えた上で、2時間は空けてから服用することが基本です。

最低でも4度は試してみる

その他、薬との相性も確かにあります。ただしED治療薬という性質上、初回では薬を飲んだ緊張感から体がうまく反応しないこともありますし、パートナーとの関係性やその時のムードなど、さまざまな影響を受ける可能性があります。

そのため、一般的には最低でも4回の使用をみてから効果を判断すべきとされています。1度や2度であきらめず、自分でもなるべくリラックスできるような環境を色々と工夫しながら挑戦してみましょう。

それでも効き目が十分でない場合は、医師に相談して他の薬に変えてもらうのも1つの方法です。実際、最初は少ない量を処方してもらって、その効き目に応じて同じ薬を続けるか、それとも他の薬を試してみるかを判断する人が多く見られます。

バイアグラの他に日本で認可されているED治療薬は、レビトラとシアリスの2つです。3つを順番に使いながら、どれが自分に合っているかを試す患者さんもたくさんいますので、気軽に医師に相談してみましょう。

⇒■参考URL:バイアグラが効かない人の特徴/オオサカ堂
もっと気軽にED治療!/ことに・メディカル・サポート・クリニック

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.