home > バイアグラの基礎知識 > バイアグラのジェネリックの違い

バイアグラのジェネリックの違い

インドなど海外では少し前から一般的だったバイアグラのジェネリックですが、2014年に日本でも発売が開始されました。経済的負担が大きいことから、今まで個人輸入で海外製のジェネリックを使用していた人にとっても嬉しいニュースとなりましたね。現在は東和薬品、キッセイ薬品、あすか製薬、富士化学工業、陽進堂など2014年度末までに10社ほどが製造を開始しています。

製品名は基本的に「シルデナフィル錠」とされ、特徴であった青い錠剤ではなくピンクなどの全く違うタイプの錠剤も登場しました。ちなみにバイアグラという名前はもともとの製造を行っていたファイザーが商標登録をしているため、ほかの製薬会社は使えないので主成分であるジルデナフィルが製品名として起用されています。

バイアグラとジルデナフィル錠はどう違う?

バイアグラと、その後発品であるジルデナフィル錠の主成分は同じです。ただ完全に同じものか、というとそうでもありません。もちろん製薬会社や厚生労働省は、成分や効果に「統計学的に」差はないと発表しています。この統計学的に、というのが落とし穴で実際のところ±15%の誤差も含まれているのだそうです。そのためバイアグラよりも15%効き目が弱いこともあれば、逆に強いこともあり、効果に差が出やすいのも特徴のひとつといえるでしょう。

ただ全く効果がない、ということはありませんしバイアグラよりも効果が出ることももちろんあります。各製薬会社で独自の工夫が施され、飲みやすくなっていたりもしますので、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品それぞれの特徴

では、実際に現在販売されているジルデナフィル錠に製薬会社ごとの違いはあるのでしょうか。大きな特長を持っているものをいくつかご紹介します。

・東和薬品ジルデナフィルOD錠
まずは「東和のジェネリック」でおなじみの東和薬品。黒柳徹子さんが出演しているCMも印象的ですので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

そんな東和薬品が出しているジルデナフィル錠の大きな特徴は、水なしでも服用できるOD錠であることです。口に含めばラムネのようにサッと溶け、薬を飲み込むのが苦手な人でも簡単に飲むことができます。さらに口の中で錠剤が溶けたあと、ざらつきを感じにくくするなど東和薬品独自の工夫も施され、通常のOD錠と比べて、とても飲みやすいそうです。しかし効果を最大限発揮するためには、やはり水と一緒に服用するのがベスト。水なしで服用してみてあまり効果が出なかった、という人は次回水と一緒に服用してみることをおすすめします。

そして東和薬品のジルデナフィル錠は、コーヒー風味やレモン風味の2種類の味がついていることも特徴です。薬特有の苦みを生かしつつ飲みやすい味付けをしてありますので、水なしで口の中で錠剤が溶けるときでも飲みにくさを感じにくくなっています。ちなみにこの薬を取り扱っている浜松町第一クリニックではレモン味の方が人気で、7割ほどの患者さんがレモン味を選択するそうですよ。

・キッセイ薬品ジルデナフィル錠
こちらも製薬会社としては有名で、CMのラストに流れる「キッセイ、薬品」というフレーズを耳にしたことがある人は多いはず。

同社が製造しているジェネリックであるジルデナフィル錠の特徴は、見た目も成分もかなりバイアグラに近いものとなっていること。ジェネリックとなると東和薬品のように独自の技術を加えるなど、先発品と違った特徴を出してくることが多いのですが、あえて近いものにすることでニーズを獲得している薬です。

とくにEDの場合は「バイアグラを飲んでいるから大丈夫」という安心感で効果があらわれることも多いため、色や形にこだわる人がとても多いのだとか。そのため東和薬品で出しているような丸いピンクの錠剤だと実際の作用に違いはなくても、いまいちED治療薬を服用している実感が持てず効果を感じにくい場合があります。

その反面キッセイ薬品の薬は、形は丸いものの青いコーティングで、かなりバイアグラに似た印象です。さらに添加物などもバイアグラとほぼ同じ成分を使用していますので、中身もほぼ同じ、といっても過言ではないでしょう。そのため今まで青いひし形のバイアグラを愛用していた人でも抵抗が少なく、気持ち的な部分からくる安心感も強いようです。

このように後発品であるジェネリックでも大きく違いがあります。主成分は同じものの、先発品とは見た目も中身も大きく違う特徴を持ったものからほとんど変わらないものまで。効果自体に大きな違いはありませんが、EDは気持ちにも大きく左右されるものですので、自分にとっていちばんベストなものを選ぶようにしましょう。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.