home > バイアグラの基礎知識 > 海外製のバイアグラジェネリック

海外製のバイアグラジェネリックを購入しても大丈夫?

ネット検索すると、海外製のバイアグラジェネリックが数多くヒットします。ジェネリックは先発薬よりもかなり低い値段で販売されているため、思わず手を出したくなる人も多いかもしれません。

しかし先発薬であれジェネリックであれ、ネットを通して購入する以上は常に偽造品のリスクがつきまといます。安全のためにも、ジェネリックは国内で正式に認可されたものだけを購入するようにしましょう。

なぜインド製のバイアグラジェネリックが多いの?

ネット上でよく見かけるバイアグラジェネリックには、インド製のものがたくさんあることに気づくと思います。たとえば「カマグラ」や「カベルタ」「ペネグラ」などです。
なぜインド製のものが多いのかというと、それは薬に関する特許システムが関係しています。通常、ジェネリックは先発薬の「物質(成分)特許」が切れていないと製造・販売ができないのですが、インドでは長い間「製法特許」しかなかったため、他国に先駆けてジェネリックを発売することができたのです。
もっとも、2005年には法律が変わり、インドでも物質特許が認められるようになりました。しかしそれ以前に発売されたジェネリックに関しては、一定の費用を先発薬の製薬会社に支払うことで、引き続き販売することができるようになっています。

このような事情から、ネット上にはインド製のバイアグラジェネリックが多数出回っているのです。インドのほかにも、既にバイアグラの特許が正式に切れた国で作られたジェネリック品も増えつつあります。

ジェネリック医薬品にも偽造品が出回っている!

海外製のジェネリックは、あくまで海外で承認された薬剤であり、日本と同じレベルでの安全性の確認がなされたわけではありません。よって日本国内では禁止されている添加物が使用されている場合も十分考えられます。しかし、実際には海外でしっかり承認された医薬品であれば、その薬の安全性に大きな問題があるとはいえません。実際インドの製薬技術は高く、その上安いのでコストパフォーマンスが高いと評判を集めています。
問題なのは、どうやって「正規品」の海外製ジェネリックを購入するかということです。インドに住む人ならともかく、遠い日本にいる私たちが海外製のジェネリック医薬品を購入するためには、やはり個人輸入に頼らざるを得ません。 つまり結局は「個人輸入業者を信頼して」買うしかないのが現状なのです。

バイアグラの偽造品が非常に多いことはよく知られていますが、残念ながら海外製ジェネリック品の偽物も多数出回っています。その国で正規に処方を受けることができない以上、私たちが手を出すのは危険だといえるでしょう。

重大な副作用から身を守るためにも、バイアグラジェネリックは国内で正式に認可されたものだけを使用することをおすすめします。

海外製ジェネリックは安全なのか?

国内で流通している海外製のバイアグラジェネリックには正規ルートが存在しないことから100%安全なものは存在しません。つまり海外製ジェネリックは非正規ルートのみで流通していて、国内の厚労省から認可を得た正規品よりも安く需要があることから、そこに悪徳業者が目を付けて多くの偽物医薬品を混入させているのです。

ここ最近では、首都圏にて複数医院開院している男性専門クリニックにて正規品のED治療薬ではなく厚労省から未承認の非正規品を強引に処方するクリニックがあるそうなので注意が必要です。
海外製ジェネリックは安心か?|バイアグラ個人輸入に潜む罠→https://www.import-viagra.net/drug/generic.html

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.