home > バイアグラの基礎知識 > どうしてバイアグラの値段は高いの?

バイアグラはどうやってEDに効くの?

バイアグラは勃起不全を改善する薬です。しかしどうやって口から飲んだ薬が勃起に効くのか、疑問に思う人もいるかもしれませんね。

まずは勃起のメカニズムからお話しましょう。

勃起はどうやって起こる?

男性の陰茎は、大部分が「海綿体」というスポンジ状の組織で成り立っています。「陰茎海綿体」が左右にそれぞれ1本ずつ、そしてその下には「尿道海綿体」が陰茎の先端部まで通っており、計3本が存在します。

勃起に関係するのは、おもに陰茎海綿体のほうです。

脳が性的刺激を受けると神経を伝わって、海綿体の中に血液が流れ込むようになっています。そうして陰茎海綿体が硬くなった状態が勃起です。

また流れ込んだ血液が出て行かないように、静脈が圧迫されます。

普段は、海綿体につながる血管は平滑筋によって閉じられ、血液が流れ込まないように出来ています。しかし性的刺激があると一酸化窒素が海綿体に放出され、細胞内に「サイクリックGMP」という神経伝達物質が増加します。 これがシグナルとなって海綿体の平滑筋がゆるみ、血液が流入するという仕組みです。

サイクリックGMPの分泌量が少ない、もしくはサイクリックGMPを分解してしまう「PDE5(ホスホジエステラーゼ)」という酵素の分泌量が多い人は、勃起しにくくなります。バイアグラは、 このPDE5のはたらきを阻害する薬なのです。

バイアグラのはたらき

PDE5は細胞内のサイクリックGMPを分解してしまうため、平滑筋が十分にゆるまず、陰茎に血液が流れ込みにくくなります。バイアグラはPDE5が作用しないようにはたらきかけることで、 サイクリックGMPの産生を促すのです。

そのため、バイアグラをはじめとするED治療薬の正式名称は「PDE5阻害薬」といいます。

しかし、バイアグラは視覚にも深く関わるPDE6という酵素も多少、阻害しますので、青色があざやかに見えるようになる「青視症」という副作用につながります。
このようにPDE5阻害薬は他のPDEも阻害するために、それが副作用として現れます。このことについては以下の医療機関のwebサイトに詳しく説明がされていますので参考にしてみてください。
バイアグラ・レビトラ・シアリスの効果発現・作用時間・PDE阻害作用の違い【浜松町第一クリニック】

このようにバイアグラは、筋肉を弛緩させて血管を拡張させ、血液がよく通るように手助けする薬です。ただし性的刺激がない限りは神経から信号が届きませんので、どんなに薬を飲んだところで勃起は起こりません。 つまり性欲を高める催淫剤ではありませんし、また精液の量を増やす効果もありません。

バイアグラを性行為前の30分~1時間前に服用することで、勃起が起こりやすくなります。ただし食事の影響を受けやすいため、食後を避けることがポイントです。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.