home > バイアグラの基礎知識 > 勃起のしくみ

意外と知らない?勃起のしくみ

勃起が起こるためには、意外に複雑なシステムが働いています。性的刺激を陰茎に伝えるための神経、そして陰茎海綿体に血液を送る血管などが正常に働く必要があり、いずれかにトラブルがあるとEDにつながります。

勃起が起こるまでの道のり~神経系と血管系

勃起は、陰茎海綿体に多量の血液が入り込むことによって陰茎が硬くなる現象です。陰茎海綿体は無数の穴が開いたスポンジ状であり、普段は血液が入ってこないように陰茎動脈が平滑筋によって閉じられた状態になっています。しかし性的刺激が起こると、平滑筋がゆるんで血液が流れるようになるのです。

ですから、まずは脳が性的刺激を感知し、それが脊髄神経を通して陰茎に伝わる必要があります。いわゆる「朝立ち」などは性的刺激に関わらず生理現象として起こりますが、それ以外の勃起では性的刺激が必要です。

性的刺激が陰茎に伝えられると、神経から一酸化窒素が出てきて、これが勃起を起こすシグナルとなります。すると陰茎動脈がゆるんで血液が海綿体のスポンジ組織に入り込み、陰茎が硬くなります。

さらに流れ込んだ血液が出ていかないよう、静脈が圧迫されて勃起状態が維持されます。この静脈に何らかのトラブルがあると、勃起が起こっても血液が流れ出てしまう「静脈性ED」になることがあります。

勃起を妨げてしまう酵素「PDE5」とは?

勃起は上記のようなしくみで起こりますが、平滑筋を弛緩させるために重要な役割を果たすのが「サイクリックGMP」という神経伝達物質です。神経から一酸化炭素が放出されると自動的に増える物質で、これが合図となって平滑筋がゆるむようになっています。

ところが陰茎には、サイクリックGMPを分解してしまう「PDE5(ホスホジエステラーゼ5」という酵素が存在します。PDE5は、サイクリックGMPを分解することで勃起を収束させる働きがあり、射精後に勃起が収まるのもこの酵素のおかげだといえます。
しかし勃起を維持したい時にはむしろ妨げとなってしまうのです。

バイアグラなどのED治療薬は、このPDE5をブロックするための薬になります。これによってサイクリックGMPがうまく増えるようになり、平滑筋が弛緩して血液が海綿体に流れ込めるようになるのです。 ですから血管以前に神経系のトラブルがある際などには、ED治療薬では効果がありません。

このように勃起が起こるためには、まず性的刺激を脳から陰茎に伝えるための神経系、そして平滑筋を弛緩させるための一酸化炭素やサイクリックGMP、さらに陰茎海綿体に血液を送る陰茎動脈など、さまざまな要素が必要になります。
このいずれかに異常があるとEDとなる可能性があるのです。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.