home > EDの基礎知識 > EDの原因~心因性ED

EDの原因~心因性ED

体の機能ではなく、精神的な問題が原因で起こるEDを「心因性ED」といいます。たとえば仕事のストレスやパートナーとの不仲が代表的ですが、中には本人も意識していない根深い問題が存在するケースもあります。

心と体は密接につながっている!

男性の勃起は非常にデリケートな側面を持ちます。どんなに体が元気であっても、心が性行為に対して前向きになれないとEDにつながるのです。

職場の人間関係で悩んでいる、といったことでも勃起機能の低下は起こり得ます。特に最近は長引く不況やリストラの問題で、精神的に元気をなくしている男性が急増していますから、それだけ性行為に積極的になれない人も多いはずです。 経済的な不安を抱えている場合も、それが常に頭をもたげてしまうために体がうまく反応しないことがあります。

またパートナーである女性との関係も大切です。彼女に日ごろから不満や恨みを募らせていては、いざ性的な関係を結ぼうと思ってもうまく行かないものです。 こうした人の中には、ひょんなことから他の女性と関係を持った時に、問題なく行為に及べることに気づくというケースも見られます。俗にいう「妻だけED」ですが、これも心因性EDの1つといえるでしょう。

最近では不妊に悩むカップルが増えているため、排卵日にプレッシャーをかけられることでEDになってしまう男性もいます。さらに良くないのは、一度うまく行かなかったことでパートナーからダメ出しされ、ますますEDが悪化してしまうことです。 このあたりは、女性側も男性のデリケートさについて理解を深める必要があるでしょう。

トラウマなどの根深い問題がある場合も

上記のように、わりと原因がはっきりとしている日常的な問題によるものを「現実心因」といいます。これらはその原因を解決することで改善される場合が多いですし、バイアグラなどの治療薬でもいい効果が現れる可能性が高いでしょう。

一方、幼児期のトラウマなどのもっと根深い問題からくるものを「深層心因」と呼びます。現在のパートナーや仕事に問題はないものの、たとえば昔に性的なことで嫌な思いをしたとか、生まれ育った環境の中で性的な嫌悪感を持ってしまった、というパターンが考えられます。

このような場合は、本人にも原因が分からないことが多いため、専門のカウンセリングや治療を受ける必要があるかもしれません。本人が克服したいという気持ちさえ持てば、かならず道は開けてきますから、根気よくアプローチを続けることが大切です。

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.