home > バイアグラ以外のED治療薬 > 36時間持続「シアリス」

効果が36時間持続する「シアリス」

バイアグラとレビトラに続く3番目のED治療薬として発売されたのが、シアリスです。何といっても「36時間」という効果の持続時間の長さが特徴で、性行為の直前に飲む必要がない点がメリットです。

シアリスってどんな薬?

シアリスはアメリカの「イーライリリー・アンド・カンパニー」から2003年に発売された薬です。日本では2007年に認可された、もっとも新しいED治療薬といえます。

バイアグラやレビトラと同じく、勃起を妨げる酵素のはたらきを抑える「PDE5阻害薬」です。ただし有効成分のタダラフィルは他の2剤と異なり、分解されにくい構造となっています。 そのため36時間というきわめて長い効果の持続時間を可能にしているのです。

たとえば金曜日の夜に飲むと、日曜日の朝まで効果が続くことから、欧米では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれることもあります。この時間内ならいつ性行為に及んでも効果を得られますので、心にゆとりを持てる点が大きなメリットといえるでしょう。

また食事の影響も受けにくいという特徴もありますが、レビトラと同様、脂肪分の多い食事の直後では効果が弱まるとされています。どんな場合も、ED治療薬の効果を最大限に得るためには「あっさりした食事」と「腹八分目」を心がけるようにしたいところです。

長くマイルドに作用する薬

シアリスは効果が長く続くのが最大のメリットですが、その分穏やかに作用する薬です。そのためバイアグラやレビトラでよく見られる、ほてりの症状が出にくいとされています。 ただし、少しぐらいほてりがあったほうが効いている感じがすると思う患者さんもいるため、相性の問題もあるといえそうですね。

薬は他の2剤と同様、錠剤タイプで、用量は5mgと10mg、そして20mgの3つがあります。ただし一般的には10mgか20mgの処方が多いでしょう。 1錠あたり10mgで1,700円、20mgで2,000円が相場となっていますので、バイアグラよりも高くなりますが、効果の持続時間を考えると納得できます。

またニトログリセリンなどの硝酸薬を使用している人は併用できない点は、他の2剤と同じです。

シアリスは性行為のタイミングがつかみにくい時に、非常に使いやすい薬です。たとえばパートナーとの旅行に活用するのも1つの方法ですね。 性行為の時間に縛られたくない方や、バイアグラやレビトラで副作用が強すぎた方などは、医師に相談の上ぜひ試してみてください。

参考URL:
ED治療薬 シアリス錠の適正使用方法|EDケアサポート
三大ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスを調査!

Copyright© 2013-2019 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.