知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識

知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識

発売当初、世界中の男性たちから「夢の薬」として注目されたのがED治療薬のバイアグラです。その後、レビトラやシアリスといった他の薬も登場しましたが、今でもバイアグラを愛用する男性はたくさんいます。

勃起機能を高める優れた薬ですが、世間では「本当に安全なの?」「きちんと効くの?」という疑問も渦巻いているようです。知っているようで知らないバイアグラについて、ぜひ正しい知識を得ましょう。
参考⇒バイアグラの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】

バイアグラってどんな薬?

バイアグラってどんな薬?

バイアグラは、アメリカの製薬会社ファイザー社が製造・販売する薬です。シルデナフィルという有効成分が含まれた錠剤で、日本では25mgと50mgの2種類が販売されています。

ちなみにシルデナフィルはED(勃起不全)のほか、「肺動脈性高血圧症」という病気の治療薬としても用いられています。こちらはバイアグラではなく「レバチオ」という名前です。

バイアグラは1998年にアメリカで発売開始。マスコミでも「画期的新薬が出た!」と大きな話題となり、まだ未承認だった日本にも個人輸入業者によって多くのバイアグラが流入してきました。

しかしバイアグラはもともと医師の処方が必要な「医療用医薬品」です。併用してはいけない薬があることなどを知らなかった男性たちが次々と服用し、一部で死亡事故も起きたことから、 1999年には異例のスピードで日本でも承認されることになりました。

重篤な副作用を避けるためにも、必ず医師の処方を受けて購入すべき薬です。

またバイアグラは血流を良くして勃起を促す薬ですから、催淫効果はありません。あくまで服用後、性的な刺激があった時のみ効果を発揮します。

バイアグラはどうやって開発されたの?

バイアグラはどうやって開発されたの?

有効成分であるシルデナフィルは、もともと狭心症の治療薬として開発された経緯があります。しかし臨床試験では思うような効果を得ることができず、開発は中止となりました。

しかし試験に協力した人のうち、一部の男性たちが試験薬を返したがりませんでした。なぜかと聞くと、この薬で勃起機能の改善が見られたからだといいます。そこで方向転換し、ED治療薬としての研究が始まったのです。

実際、薬の中には思いがけない発見から生まれるものも少なくありません。

こうして「バイアグラ」が誕生しました。ちなみに商品名は「Vital(生き生きとした)」と「Niagara(ナイアガラ)」を合体させた造語です。精力が滝のようにほとばしるイメージからつけられたものと思われます。

もともとシルデナフィルは全身の血流を良くする作用があるため、現在もさまざまな病気に適応が研究されているところです。ちなみに緑茶(カテキン)とバイアグラと一緒に飲むと、 がんを抑制する効果があることが実験で分かり話題となっています。

Copyright© 2013-2014 知ってるようで知らない?「バイアグラ」の正しい知識 All Rights Reserved.